富士フイルム モノリス株式会社
〒182-0012
東京都調布市深大寺東町8-31-6
動物臨床検査の受託
医薬品開発過程での分析、試験の受託
Google

WWW を検索
www.monolis.com を検索

qrcode.png
http://www.monolis.com/
モバイルサイトにアクセス!
561443
 

採材法

   
血清材料を血漿でできないか
 
検査は可能です。但し、参考値は、指定(血清)にて設定を行っておりますので、その旨ご了承の上、参考値を参照してください。 一般的には、血漿では、血清に対して低めに出ると思われます。検査結果を1割ほど高めて判定されると良いと思われます。
   
生化学検査に影響をもたらす要因と検査データの変動
  
 項 目  検体の状態  保存条件  その他
 
 溶血
 
 室内放置
 
 
 
 
 室内放置
 
 
 ALP
 
  
   
 総蛋白
 溶血
高ビリルビン
   運動
 
 溶血
 
   
 
 
 室温放置
 
 
 
     
 
 乳び
 
   
 
 乳び
 
 
 食事
 
 
 
 全血放置
 
 食事
 
 
     
 
 
 全血放置
 
 食事
 
 
 
 全血放置
 
 
 
 溶血
 
 全血放置
 
 
 
 
 全血放置
 
 
 総ビリルビン
 溶血
 乳び
 
 
 遮光
(光によって分解)
 
 
     
 
 
 溶血
 
 -20℃保存
 室温放置
 
 
 
     食事
 
 CPK
 
 溶血
 
 室温放置
 
 運動
 
   
表示の検体量と複数検査の場合の検体量
 
関連項目:検査依頼方法 > 検体の採取
 
検査案内での表示検体量は、余裕をもった量になっております。採取量が採れなかった場合、複数項目の場合結構充分に検査できることが多くあります。
   
採血管の取り扱いについて
 
関連項目:検査依頼方法 > 検体の採取
 
当検査センターでは、各種資材をご提供しております。集荷時にお届けいたしますので、ご希望の病院様はお電話またはメールでご連絡ください。集荷対象外の地域の病院様は、送付いたしますのでお電話またはメールでご連絡ください。取り扱いにつきましては、採取方法をご覧ください。
   
感染症検査の検体採取について                                   
                                                                                     
 
                                                                                   関連項目:検査依頼方法 > 検体の採取
 
〈抗原検査〉
  ・検体採取はシードスワブやトランシステムで採取しないでください。
  (スワブに含まれている培地の水分で検体が希釈されてしまったり、培地の混入により感度が
     落ちてしまう。)
  →便はそのまま滅菌スピッツや滅菌されている容器(軟膏壷など)や袋に入れてください。
  →眼脂、唾液、鼻汁、(便)は滅菌された綿棒で拭えるだけ拭ってください。
     乾燥しない程度に綿棒の先を滅菌された生食で湿らせます。
  (生食を入れすぎると検体が希釈されすぎてしまうので湿らせる程度で大丈夫です。
     また乾燥してしまうと結果に影響が出てしまう可能性があります。)
  ・抗原検査はインターフェロンの影響は受けない。
 
〈抗体検査〉
  ・冷凍状態で半永久的に保存が可能です。
   (但し蛋白分画を行う場合は冷凍厳禁です。)
  ・強溶血の検体は偽陽性になる可能性があります。
  ・血清又は血漿のどちらでも検査は可能です。
   (但し、蛋白分画を血漿で行うとフィブリノゲンがβ分画に泳動されてしまう可能性があります。)
<<富士フイルムモノリス株式会社>> 〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-31-6 TEL:042-442-5101 FAX:042-443-1341