富士フイルム モノリス株式会社
〒182-0012
東京都調布市深大寺東町8-31-6
動物臨床検査の受託
医薬品開発過程での分析、試験の受託
Google

WWW を検索
www.monolis.com を検索

qrcode.png
http://www.monolis.com/
モバイルサイトにアクセス!
676267
 

犬トリプシン様反応物質(TLI)

   
測定法 CLEIA
検体量 血清 0.2ml
保存条件 冷蔵
参考値 5.2~35 ng/ml
検査日数 即日
 
 臨床的意義
膵臓にのみ存在する蛋白分解酵素。
膵外分泌機能不全と、膵炎の診断に有用。


トリプシンは膵以外の臓器には存在しないため、膵特異性はアミラーゼやリパーゼに比べより高く、膵疾患の検査に有用である。また、血清トリプシン活性の濃度は、膵外分泌機能不全のイヌでは明らかに低下し、12時間絶食血清飼料1回だけの検査で実施でき、診断上有用である。

トリプシンは膵から分泌される201個のアミノ酸からなる分子量22,900の蛋白分解酵素である。

一般に酵素は活性値を測定することが多いが、血中でのトリプシンはα1-アンチトリプシンやα2-マイクログロブリンなどの阻害因子と結合しているため、通常は酵素活性でなく免疫学的活性として蛋白量が測定される。性差、日内変動幅は小さい。膵疾患、とりわけ急性膵炎で高値をとり、上昇期間がアミラーゼより長いため、特に回復期の膵炎診断に有用である。

 
5.2ng/ml以下              膵外分泌不全(EPI)の疑いがあります。
5.2~35 ng/ml           正常値
35ng/ml 以上           膵疾患の疑いがあります。
 
 
高値を示す病態 急性膵炎、慢性膵炎の急性憎悪時、膵癌の一部(膵頭部癌>体尾部癌)、膵嚢胞(特に膵仮性嚢胞)、薬物性膵炎、腎不全、胆石症
低値を示す病態 膵外分泌不全、慢性膵炎の非代償期、膵癌の一部、膵全摘後、インスリン依存性糖尿病
 
関連項目
備考  
<<富士フイルムモノリス株式会社>> 〒182-0012 東京都調布市深大寺東町8-31-6 TEL:042-442-5101 FAX:042-443-1341